おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

牡蠣(かき)の炊き込みご飯のレシピ/作り方

牡蠣の炊き込みご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

冬の味覚を使った炊き込みご飯といえば、やっぱり牡蠣ご飯!牡蠣から美味しいだしが出るので、炊き込みご飯にしても風味が格別です!

スーパーの加熱用の牡蠣で、だし汁とだけ合わせて(その方が絶対美味しいので)、 ぜひ家庭で作ってみてください!

このレシピのキーワード
牡蠣

印刷する

牡蠣の炊き込みご飯の材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • 加熱用牡蠣 … 1袋(250g程度)
  • ちぎり海苔 … 少々
  • だし汁 … 約350ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2と1/2
  • 酒 … 大さじ2と1/2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

牡蠣(かき)の炊き込みご飯の作り方

牡蠣ご飯の作り方(牡蠣の下ゆで)

はじめに米は研いで浸水させておきます。※浸水時間は30分~1時間ほど。浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しい牡蠣ご飯になります!

牡蠣ご飯を作るとき、牡蠣をはじめから最後まで鍋の中で炊き込むと、牡蠣が硬くなって美味しくありません! ですので、Aを合わせたものを一度軽く沸騰させ、その中で牡蠣を下ゆでしてから(2分ほどゆでて)、一旦取り出します。 取り出した牡蠣を蒸らしの時に戻し入れることで、だしにも牡蠣の旨みが溶け出すし、仕上げに加える牡蠣も硬くならずに作ることができます。

※いつもは炊き込みご飯にはみりんが入りますが、牡蠣からの旨みが強いので、みりんよりも酒のほうが合うように思います。

※スーパーで買った牡蠣のむき身は、薄い塩水の中でふり洗いしてから使うとよいです。

Aが熱々の状態でお米を炊くことはできないので、Aを一度冷まします。また、取り出した牡蠣が冷める間に、牡蠣の旨みたっぷりの出汁が少しですが出てくるので、それもAに足し入れます。

※今回は牡蠣を切らずに丸々使いましたが、3~4等分しても美味しいです。その場合は粗熱が取れてから切っておきます。

牡蠣ご飯のだし汁、調味料の合わせ方

米が浸水できたら、炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。炊くときのポイントは『浸水した米を一度ざる上げして、しっかり水気を切ってからAを合わせること』『炊飯器なら目盛を優先してAを加えること』です!

炊飯器なら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って、炊飯器の内釜に移します。2合の目盛を優先にAを注ぎ入れます。 さっと全体を混ぜ合わせて、炊く準備の完了です。

※2合に対して350mlが目安の分量ですが、目盛を優先させ、余ったら他の料理に活用してください(逆に足りなければ水を足し入れて)。

鍋炊きなら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って鍋に移します。そこにAの全量を注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせます。

牡蠣ご飯のレシピ/炊き方

②で準備のできたら具なしでごはんを炊き始めます。炊飯器ならスイッチを入れ、鍋炊きなら鍋炊きの詳細ページも参考に、炊いてください。 炊きあがったら、事前に火を通しておいた牡蠣の身だけを戻し入れ、5分ほど蒸らしてから、さっくりと底から混ぜ合わせます。器に盛ってからちぎり海苔をのせてください!

【補足】

  • 3合を炊く場合は「だし約550ml、醤油(あれば薄口)大さじ4、みりん大さじ4」が目安となります。
  • 仕上げには三つ葉の軸を刻んだものをちらしても、香りがよくておすすめです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ