おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

まぐろの漬け丼のレシピ/作り方

まぐろの漬け丼の写真

調理時間:10分以下

お店で食べるまぐろの漬け丼、美味しいですよね。家庭でもづけたれの作り方にちょっとだけこだわって、薬味をいくつか用意すれば、まったく遜色のない美味しい漬け丼が楽しめます!

づけだれは、醤油にみりんの甘みとかつおの風味をプラスした“土佐醤油”を使います!

このレシピのキーワード
まぐろ
刺身

印刷する

まぐろの漬け丼の材料(2~3人分)

  • まぐろ刺身 … 200~250g程度
  • づけだれ … 大さじ3~4
    ※詳しくは下記レシピを参照してください
  • 切り海苔、刻みねぎ、大葉、ごま、わさび … 適量

スポンサーリンク

まぐろの漬け丼の作り方

まぐろとづけたれ(土佐醤油)を用意する

まずまぐろについて。まぐろはどんな種類のものでもいいですが、筋の少ないものを準備しましょう。刺身の状態で買ってきてももちろんOKですし、さくの状態で購入したら「食べやすいそぎ切り」「食べ応えの出る角切り」など、好みの大きさにに切るとよいです。

※私はづけ丼を作るときは、行きつけの魚屋で筋のない部分をお願いして切ってもらっています。

続いてづけだれ。ただの醤油では塩辛くなってしまうので、「醤油+甘み(+かつおの風味)」という組み合わせで作るのがおすすめです。以下にかつお節が入るものと入らないもの、2パターン紹介しますので、作りやすいほうでお試しください。

①手軽なづけだれ…「濃口醤油大さじ3、みりん大さじ1/2、酒大さじ1/2」。みりんと酒と耐熱容器に入れてレンジ600Wで50~60秒ほど加熱して煮切り、醤油と合わせます→「みりんの煮切り方」も参考にしてみてください。

②本格的なづけだれ…「濃口醤油大さじ3、みりん大さじ1/2、酒小さじ1、かつお節1パック(1g)」。こちらは「土佐醤油」という万能醤油で、下の写真のように火を通して作るので、リンク先の作り方を参考に用意してください。

まぐろの漬け丼のレシピ/作り方

バットやボウルにまぐろを広げ入れて、づけだれを加えて漬け込みます。漬け込む時間は4~5分ほど。切り身がすべて浸かっている必要はないので、大さじ3ほどで十分。

づけだれからまぐろが頭を出している場合は、途中上下を変える、容器を揺すってたれを全体にいきわたらせる、などすればよいです。

漬け終わったらづけだれだけ別容器に取り、まぐろは冷蔵庫に入れておくのですが、漬け込んでいる間に薬味を用意するとよいです。

必ず入れてほしいものは「切り海苔(ちぎり海苔でも)」と「わさび」です。あると美味しいものは「ごま」「刻みねぎ」「青しそのせん切り」「とろろ」などです。

丼ぶりにごはんをよそってからティースプーンでづけだれをまわしかけ、切り海苔をちらします。

  •    

その上にづけにしたまぐろを広げ入れ、もう一度づけだれをまぐろの上からかけます。最後に薬味を盛りつけて完成です。

【補足】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ