おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

刺身わかめの簡単ねばねば丼ぶりのレシピ/作り方

刺身わかめの丼ぶりの写真

調理時間:10分以下

春先は美味しい生食用わかめ(刺身わかめ)が、魚売り場に並びます。もちろんそのまま生姜醤油で食べてもいいのですが、 おすすめの食べ方が、この『生わかめのねばねば丼』。我が家の定番中の定番です!

わかめをたっぷり食べられる、簡単お手軽どんぶりで、しかもすごく美味しいです!(想像はつきますよねきっと)

このレシピのキーワード
わかめ
きゅうり
じゃこ
納豆
ねばねば

印刷する

生わかめの簡単ねばねば丼ぶりの材料(2人分)

  • 生食用のボイルわかめ(刺身わかめ) … 100g
  • ごはん … どんぶり2杯分
  • きゅうり … 1/2本
  • 納豆 … 1パック
  • じゃこ … 15gほど
  • 濃口醤油 … 小さじ2ほど

※乾燥わかめや塩蔵わかめでもOKです!

スポンサーリンク

生わかめの簡単ねばねば丼ぶりの作り方

わかめ丼に必要なもの

生わかめをたっぷり食べるこの丼ぶり。そろえたい材料は4つあります。生わかめのボイルしたもの(刺身わかめ)、納豆、きゅうり、じゃこ、この4つです。わかめは乾燥わかめや塩蔵わかめを戻したものでもOKですが、生わかめが手に入る時期なら、ぜひ生わかめでお試しください!

※きゅうりは、ゆでたオクラやモロヘイヤに変えても美味しいです!

※魚売り場で生わかめをボイルした「刺身わかめ」が売っているので、それを買ってくるといちばん手軽です。ボイル前のものであれば、さっと色が変わるまで熱湯でゆでてから使ってください。

わかめ丼の材料の切り方

材料で切る必要があるのは、きゅうりとわかめ。それぞれ食べやすい大きさに切ります。おすすめは、納豆と同じくらいの6~7㎜角ほどの大きさに切ること。そうすることで、納豆と一体感が出て食べやすくなります。

※上の写真は4人分をまとめて作ったときのものなので、少し多めに見えます。

わかめ丼の仕上げ

作り方は非常に簡単。あとは納豆など、すべての具材を合わせるだけ。 納豆をしっかり混ぜ合わせてから、残りの材料をボウルの中で合わせ、濃口醤油で味付けをします。
※じゃこの塩分などにもよって、醤油の分量は変わってくるので、上記の醤油分量は目安として考えてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ