おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

あさりの酒蒸しのレシピ/作り方

あさりの酒蒸しの写真

調理時間:10分以下※あさりの砂出しの時間は除く

『シンプルにあさりを食べるいちばん美味しい食べ方』だと思います。ずっしりと重い美味しそうなあさりが手に入ったら何はさておき“酒蒸し”を作りましょう!

三つ葉やねぎなどの野菜もいくつか取り合わせ、一緒に食べるレシピがおすすめです。

このレシピのキーワード
あさり
蒸し料理
お酒のつまみ

印刷する

あさりの酒蒸しの材料(2~3人分)

  • あさり … 350~400g
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1本
  • 三つ葉 … 1束
  • 酒 … 大さじ5

スポンサーリンク

あさりの酒蒸しの作り方

あさりの砂抜き

あさりは調理する前に、スーパーで買ってきたものでも砂抜きをするとよいです。海水くらいの塩水を作り、数時間冷蔵庫で砂出しをして、調理前に貝同士をこすり合わせるようにして洗います。

※あさりの砂出しの詳細は→『あさりの砂抜きのやり方』を参考に!

あさりの酒蒸しのレシピ/作り方

酒蒸しはシンプルな調理法だけに、あさりから出るうまみをシンプルに楽しみたいものです。あさり単体でも美味しいのですが、長ねぎや三つ葉、きのこ類、キャベツなどの野菜もいっしょに酒蒸しにするのがおすすめです!

今回は家庭で用意しやすい長ねぎと三つ葉を合わせます。長ねぎは斜め薄切り、三つ葉は2~3㎝幅に切ります。鍋に長ねぎを広げ入れ、あさりと分量の酒を加えます。

鍋に蓋をして強めの中火にかけ、酒が沸騰したら少し火を弱めます(ここで蓋を開けて確認してOK)。蓋を戻して目安としてあさりの口が開くまで2~3分待ちます

あさりが開き始めるとカチカチと小さな音が鳴りはじめます。そうなれば蓋を取り、あさりの口がすべて開けば三つ葉を加え、軽く混ぜ合わせて完成です。汁ごと器に盛り付けます。

【補足】

  • あさりの酒蒸しは、何もしなくても大抵はほどよい塩加減になってくれます。ただ、野菜の量とのバランスによっては仕上がりが変わってくるので、 塩気が足りなければ『塩を加える』『食べるときにポン酢をかける』などしていただきましょう!
  • 長ねぎと三つ葉の他には、『春キャベツ+うど』『えのき茸+三つ葉』、その他クレソンや水菜、せん切りにしたにんじんなどもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ