おかゆのレシピ/作り方

おかゆ(お粥)の写真
◆ 白ごはん.comの関連レシピ ◆    金柑甘露煮レシピ |  梅干しレシピ |  昆布の佃煮レシピ |
トップページ
最新のお知らせページ
↑クリックでより詳しいお知らせページへ移動します。
スポンサーリンク

おかゆのレシピ/作り方

おかゆは家族のために作ることが多いと思います。風邪をひいたとき、おかゆなら消化にいいですから。
まずはかたいお粥とやわらかいお粥の2種類を作ります。おかゆを応用した“重湯”と“あんかけ粥”もご覧ください!

おかゆ(お粥)の写真

 【 おかゆの材料 】

  • やわらかめのお粥 …
    生米:水 = 1:10
  • かためのお粥 …
    生米:水 = 1:7
スポンサーリンク

  1. 軟らかめのおかゆの作り方
    まずは基本となるおかゆの分量で作ります。
    生米:水が1:10の割合です。この割合だと、具合の悪い方でもさらっと食べることができると思います。
    今回は米50ccに水を500ccの割合で作ります。
    米は少ないですが普通に炊くときと同様、手早く研いで水を切り、500ccの水を加えます。
    ※おかゆに関しては、米を浸水させる必要はありませんので、すぐに火にかけます。

      

    鍋を火にかけ煮立つまでは強火、煮立ってきたら弱火にします。
    弱火にしたとき、しゃもじを使って一度底からかき混ぜてあげます。こうすることで焦げ付きを防ぎます。
    一度しゃもじを入れたら、あとは混ぜることは必要ありません。蓋を少しずらして置いて40分程度で完成です。
    味付けに塩を加えて、できるだけ出来立てを食べてもらうと美味しくいただけます。

      
      


  2. 少し固めのおかゆの作り方
    続いては、生米と水の割合を1:7で作ります。(米50ccに水350cc)
    この割合は病人食だけではなく、おかゆを朝食にとる場合などの“食べ応えのあるおかゆ”の割合です。
    作り方は上で紹介したおかゆと全く同じです。
    水加減をしたあとに強火、沸いてきたら弱火、ここで一度しゃもじでかき混ぜて、蓋を少しずらして40分程度。
    時間はあくまで目安なので、好みの固さによって30分でも50分でも、味見をして決めてください。
    ただ、水をあとから足して作るよりは、あらかじめ作りたい固さの水分量をして、
    煮込み時間で細かい固さ調整をするのが美味しいおかゆを作る秘訣だと思います。

      
      



    【 合わせてみたいレシピ 】
    ・ごはんつながり … 土鍋ご飯の炊き方、 無水鍋で炊くご飯、 片手鍋(雪平鍋)で炊くご飯、 さんまの塩焼きの混ぜご飯
    ・ごはんのおとも … 手作り鮭フレーク、 かぶの葉(大根葉)のふりかけ、 自家製柴漬け、 きゅうりの浅漬け

【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

ごはんスタジオアイコン 和弁当ブログアイコン
ごはんスタジオブログアイコン
簡単スピードCookアイコン
スポンサーリンク

【 レシピ検索はこちらから 】

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!