きんぴらごぼうのレシピ/作り方

きんぴらごぼうの写真
◆ 白ごはん.comの関連レシピ ◆    五目きんぴら |  独活の皮のきんぴら |  こんにゃく炒り煮 |
トップページ
最新のお知らせページ
↑クリックでより詳しいお知らせページへ移動します。
スポンサーリンク

きんぴらごぼうのレシピ/作り方

きんぴらごぼうは、合わせだれを作っておいて少しずつ味を見ながら入れると失敗しません!
ごぼうだけでなく、蓮根もこの割合のレシピでOKです。

きんぴらごぼうの写真

 【 2~3人分のきんぴらごぼうの材料 】

  • ごぼう … 細1本(100g程度)
  • 濃口醤油 … 大さじ1
  • 砂糖   … 小さじ2
  • 酒    … 小さじ1
スポンサーリンク

  1. きんぴらごぼう用にごぼうをささがきにする
    ごぼうのごぼうらしい味と香りは皮に多く含まれているので、タワシでさっとこするか包丁で軽くこそげる程度にします。
    次に、ささがきごぼうにする前に、ごぼうに縦に切れ目を入れ、横に寝かして、えんぴつを削るように包丁を左右に動かします。
    ※切れ目の目的は、下3番目の写真のように、太くなりがちな笹がきを強制的に細く仕上げるため。太めのささがきにしたい場合は切り込みは不要です。

    ささがきにしたごぼうは、順次水にさらし、最後に一度水を入れ替えてあげます。
    →さらに詳しいごぼうの下処理とごぼうささがきはこちらのページをご覧ください!

       
    ※ごぼう1本程度なら、酢水を使わなくとも水にさらせば良いと思います。白く仕上げる必要もないですし。
    ※笹がきにしたごぼうは、すぐに調理しない場合は水につけておくと味が抜けるので、ザルあげして冷蔵庫にしまいます。



  2. きんぴらごぼうのレシピ/作り方
    鍋にサラダ油(もしくはごま油)小さじ1/2~1ほどを熱し、しっかり水気を切ったごぼうを入れて炒めます。
    全体に火が回って、しんなりしてきたら合わせタレを加えて炒め合わせ、汁気を飛ばして完成です。
    好みでゴマや一味唐辛子を振っていただきます。

       
    ※調味料は炒める前に器の中でさっと混ぜ合わせておくと、炒める時にスムーズに作ることができます


  3. きんぴらごぼうの合わせだれを作っておいても便利!
    もし頻繁にきんぴらを作るのであれば、濃口醤油3:砂糖2:酒1の割合で多めに調味料を合わせ、一度軽く沸騰させ、
    アクを少し取り除いて別容器に保存しておいても、すぐに作れて便利です。

     
    ※私はコクを出すために、砂糖はよく中ざらめを使用しています。砂糖の種類はお好みで。
    ※日持ちする調味料のみの組み合わせなので、常温で1~2か月は余裕で日持ちします!



    【 合わせてみたいレシピ 】
    ・ごぼうを使って … 筑前煮、 かやくご飯、 野菜たっぷり豚汁、 鮭の粕汁
    ・野菜の下処理 … ごぼうのささがき、 ほうれん草のゆで方、 枝豆のゆで方、 たけのこのアク抜き

【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

ごはんスタジオアイコン 和弁当ブログアイコン
ごはんスタジオブログアイコン
簡単スピードCookアイコン
スポンサーリンク

【 レシピ検索はこちらから 】

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!