おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

かぼちゃのきんぴらのレシピ/作り方

かぼちゃのきんぴらの写真

調理時間:20分以下

甘みの強いかぼちゃをきんぴらにするときは唐辛子やにんにくを加えてピリリと仕上げると、味が引き締まって美味しいと思います。

冷蔵庫で3日ほど日持ちする便利なかぼちゃの常備菜ですので、ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
お弁当
かぼちゃ
きんぴら
常備菜

印刷する

かぼちゃのきんぴらの材料(2人分)

  • かぼちゃ … 200g
  • にんにく … 1/2かけ
  • 輪切り唐辛子 … 少々
  • サラダ油 … 大さじ1/2
  • 水 … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ1
  • 醬油 … 大さじ1/2
  • 塩 … ひとつまみ

スポンサーリンク

かぼちゃのきんぴらの作り方

かぼちゃのきんぴらの材料

かぼちゃは野菜自体の甘みが強いので、きんぴらにする時は唐辛子やにんにくをピリリときかせると、味が引き締まって、食べ飽きないおいしさになると思います。

かぼちゃは種とワタを除いて、5~6㎜幅に切り、切ったものを斜めに棒状に切っていきます。にんにくはつぶしておきます。
※かぼちゃは切り進めると長さが短くなってくるので、そうなれば時計回りに少し回転させて、できるだけ長い棒状のものを多く作ると食べやすいです。

※にんにくは油に風味だけを移して仕上げたいので、軽くつぶして炒め、仕上げるときに取り除いて仕上げます。

かぼちゃのきんぴらのレシピ/作り方

炒める前に、Aの調味料を容器に合わせて溶かし混ぜます。準備ができたら、フライパンにサラダ油とにんにくを入れて弱火で熱します。

油が高温になれば、かぼちゃを加えます。火を強めて中火にし、1分半ほど炒めてかぼちゃにじっくり火を通します。

Aを加え、中火のまま2分ほど火にかけ、煮汁を煮詰めつつかぼちゃの芯まで火を通します。

汁気がほぼなくなれば完成です。保存の目安は粗熱が取れてから冷蔵庫で3日ほど。常備菜としてぜひ活用してみてください。

【補足】

  • 輪切り唐辛子は好みなので、場合によっては抜いて作ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ