おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鶏ごぼうの混ぜご飯のレシピ/作り方

鶏ごぼうの混ぜご飯の写真

調理時間:20分以下※ご飯を炊く時間を除く

うまみの出る鶏肉と、香りや食感のよいごぼう、ごはんものを作るときもとてもよい組み合わせです。

少し甘めに味付けをする定番の「鶏ごぼうご飯」のレシピ、ぜひお試しください(個人的には香りの強いせりを合わせるのが好きです)。

このレシピのキーワード
鶏肉
せり
お弁当

印刷する

鶏ごぼうご飯の材料(2合分)

  • 鶏もも肉 … 150g
  • ごぼう … 細1本(約100g)
  • せり(または三つ葉) … 1/4束
  • 濃口醤油 … 大さじ3
  • 酒 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ1と1/2

スポンサーリンク

鶏ごぼうの混ぜご飯の作り方

鶏、ごぼう、米などの具材の準備

この「鶏ごぼうご飯」は、鶏肉とごぼうを調味料で炊いておき、炊き上がった白ごはんにその具材と煮汁を混ぜ合わせるレシピです。 ですので、具材は大きく切るのではなく、味が染み込みやすいように少しだけ小さめに切ります。

鶏肉はもも肉を用意し、皮ごと1~1.5cm角に切ります。ごぼうは薄めに斜め切りにします。 せり(もしくは三つ葉)は、さっと下ゆでしてから5㎜幅程度に細かめに切っておきます。

【炊飯器で硬めにご飯を炊いておく】
鶏肉とごぼうを工程②で味付けするのですが、その煮汁を鶏ごぼうご飯の味付けに炊きあがった後に加えるので、白ごはんは少し硬めに炊いておくことが大切です。

・まず炊飯器の内釜の2合の目盛りに水加減を合わせます。
・次に2合に対して大さじ4杯(60ml)の水を抜いてやります。
・水を減らした内釜を炊飯器にセットし、ご飯を炊いておきます。

鶏ごぼうご飯の味付け

ご飯を炊いている間に、鶏肉とごぼうの味付けをします。鍋に調味料を合わせ、沸騰したところにごぼうを入れます。

ごぼうに8割ほど火が通った頃に、鶏肉を加えます。弱火に落として鶏肉に火が通るまで炊き、炊き上がったら、煮汁につかったまま冷ましておきます。 ※ここで人肌まで冷ましてあげることで、具材に味が染み込んで美味しくなります!

鶏ごぼうご飯の作り方/仕上げ

ご飯が炊き上がる前に、②で炊いた鶏ごぼうの具材をざる上げします。 具材はすべて加えるものの、煮汁はご飯の味を見つつ調整しながら加えたいので分けておくのです。

ご飯が炊けたら、さっくりと混ぜ合わせ、②の具材のみをまず加えます。 次に煮汁を①で抜き取った水の分量を目安に加えます(2合で60ml抜き取ったので、煮汁を60ml加えました。それで味もしっとり感もちょうどよい仕上がりになりました)。 最後に、下ゆでしたせりや三つ葉を混ぜ合わせて完成です。

※加える煮汁の分量は、味をみながら好みで調整してください!

【補足】

  • 青菜は、せりや三つ葉以外にも、シンプルに刻みねぎ、ゆでた小松菜や春菊などを刻んだものもおすすめです。ゆでた青菜を加える際は、水気をしっかりとしぼってから混ぜ合わせることが大切です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ