おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

黒千石大豆の煮豆(煮物)のレシピ/作り方

黒千石大豆の煮豆の写真

調理時間:60分超過

一般的な大豆よりもかなり小粒で、料理をするうえでも時間が短くて済み、食べやすさもある黒千石大豆。

この煮豆はほんとうに食べ飽きず、我が家の定番料理になりました!そのままはもちろん、ヨーグルトに蜜ごとかけても!

このレシピのキーワード
大豆
常備菜

印刷する

黒千石大豆の煮豆(煮物)の材料(作りやすい分量)

  • 黒千石大豆 … 200g
  • 砂糖(あればグラニュー糖) … 200g

スポンサーリンク

黒千石大豆の煮豆(煮物)の作り方

はじめにレシピの流れ

黒千石大豆の煮豆は、1:1:5で1時間半炊くのが基本の煮方です。
1:1:5とは、豆:砂糖:水の割合(今回は豆200g:砂糖200g:水1000ml)で、戻した豆と戻し汁、砂糖をはじめにすべて合わせて火にかけるだけ、というシンプルな調理です。

黒千石大豆の下ごしらえ

黒千石大豆のよいところは『小粒なので煮る時間も短い』『小粒だから食べやすい』というところ。普通の黒豆を煮る時間の半分以下で作れます。

まず、鍋にさっと洗った黒千石大豆と分量の水を入れ、ふっくら戻るまで一晩(6~7時間ほど)を目安に戻します。

黒千石大豆の煮方

戻った黒千石大豆は、戻す前の豆と同じ重量の砂糖を加え、砂糖を溶かすために軽くヘラなどで混ぜてあげます。そのまま戻し汁ごと中火にかけます。

※ここで加える砂糖は、さっぱりとした甘みに仕上げたいのでグラニュー糖がおすすめです。なければ上白糖や三温糖などでもOKです。

沸いたらアクが出てくるので、丁寧に取り除きます。アクを除いたら煮汁がふつふつ沸くくらいの弱火にして1時間半ほど煮ます。落とし蓋もしていないので、徐々に煮汁が少なくなり、1時間半ほどで豆に火が通り、甘みも適度に煮詰まって美味しくなります!

※黒豆の煮物と違って、シワもできにくいので落し蓋をする必要もありません(炊いてすぐは黒色が抜けた感じになりますが、炊き上がりは黒色になるので、大丈夫です!)。

熱々を食べてもいいのですが、おすすめはそのまま冷まして味をなじませるやり方。キッチンペーパーを上に広げて、味をなじませます。

保存容器に移して冷蔵なら1週間ほど、冷凍なら1か月ほど日持ちします。そのままおかずに、お茶うけに、ヨーグルトに蜜ごとかけても美味しいです!

【補足】

  • 1時間半炊く弱火の火加減も機種によって差があるので、一概には言えませんが、わが家の場合は1時間半ほどであっさりした味わいとなります。ヨーグルトにかけて美味しい!と感じるのは、もう少しだけ煮詰めて甘みを強くした方がよいで、好みで前後10分くらい炊く時間を調整してみてください(あっさりした状態ならたっぷりかける、という食べ方でもいいのですが)。
  • 豆を200g→300gに増やして作った時は、煮る時間を30分増やせばちょうどよい煮加減になりました。
  • 食べ飽きない味わいなので、ぜひたくさん作って冷蔵&冷凍保存してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ