おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ささみと椎茸の春雨スープのレシピ/作り方

ささみと椎茸の春雨スープの写真

調理時間:30分以下※椎茸を戻す時間を除く

ささみと干し椎茸でだしを取り、あっさりしつつも飲みごたえのある春雨スープを作ります。

三つ葉やせりなどの青みも加え、ほんのりごま油も仕上げにプラスして。

このレシピのキーワード
鶏ささみ
干し椎茸
春雨

印刷する

ささみと椎茸の春雨スープの材料(2人分)

  • 春雨 … 20g(※)
  • 干し椎茸 … 1個
  • 鶏ささみ … 1本
  • 三つ葉やせり、薬味ねぎなど … 適量
  • 生姜 … 1/2かけ
  • 白いりごま … 少々
  • 醤油 … 小さじ1
  • 塩 … 小さじ1/2
  • ごま油 … 少々
  • こしょう … 少々

※「春雨」でも「緑豆春雨」でも好みのものを使ってください。緑豆春雨のほうが煮崩れしにくい特徴があります。

スポンサーリンク

ささみと椎茸の春雨スープの作り方

春雨スープの下ごしらえ

この春雨スープレシピは「薄い椎茸の戻し汁で鶏ささみをゆでて、2つのうま味でだしを取る作り方」になっています。

まず調理の前に干し椎茸は戻しておきます。春雨は袋の表示に従って湯で戻すなどして、さっと水にさらしてからざる上げしておきます。

続いて、戻った干し椎茸は軸を除いて薄切りに、スープに加える青みは食べやすい長さに、生姜はせん切りにします(青みはさっと火が通って香りのよい、三つ葉やせり、薬味ねぎなどがよいです)。

椎茸の戻し汁はごみがあれば茶こしなどを通して除き、水を足し入れて400ml(2カップ)にします

春雨スープのレシピ(ささみに火を通す)

鍋に400mlにした戻し汁を入れ、椎茸と生姜を加えて中火にかけます。沸いてきたらささみを入れ、椎茸からアクが出てくるのですくい取ります。

それから火を止め、鍋に蓋をして9~10分ほどおき、予熱でささみにふっくら火を通します

※ささみは火を通す前、下ごしらえの段階で筋を除いてもいいですし、この後の工程でほぐすときに筋を取ってもどちらでもOKです。

ささみに火が通れば鍋から取り出します。手でさわれる温度になれば、ささみを割いてほぐします。

春雨スープのレシピ/仕上げ

②の鍋を再び火にかけ、温まってくれば春雨、ほぐしたささみを加えます。そこにAの調味料で味付けします(ごま油は入れすぎ注意ですが、少し加えるとスープに厚みが出てくれます)。

最後に、青みを入れてさっと火を通し、器によそいます。好みでごまをふりかけても美味しいです。

【補足】

  • 青みに関しては、写真では「せり」を使用しました。せりの香りのよさと食感のよさはこのスープによく合うと思います。
  • 材料部分にも書きましたが、「春雨」でも「緑豆春雨」でも好みのものを使ってください(緑豆春雨のほうが煮崩れしにくい特徴があります)。春雨は商品によって「湯戻し」や「数分ゆでる」下ごしらえがあるので、適宜その方法で。湯戻しのほうが多いと思うので、レシピはそのようになっていますが、数分ゆでなければいけない春雨の場合は、ささみに火を通したあとの汁でゆでてもOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ