おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

おかゆ(お粥)のレシピ/作り方

おかゆ(お粥)の写真

調理時間:60分以下

消化によいおかゆは体調の悪いときなど、自分や家族のために作ることも多いと思います。詳しいことを知っておくと役立つ料理の一つです。

ポイントとしては、米と水の分量をきちんとはかればおかゆを好みのかたさにできるということ。

もう一つのポイントは火にかける時間が短くできる作り方。それは補足的に後半(工程③)で紹介しています。

このレシピのキーワード
朝ごはん
土鍋

印刷する

おかゆ(お粥)の材料(2人分の目安)

  • 米 … 1/2合
  • 水 … 600ml(※)
  • 塩 … ふたつまみほど

※米1/2合に対する水の量は600~900mlほどまで調整できます(詳しくは工程①参照)

スポンサーリンク

おかゆ(お粥)の作り方

おかゆの水の分量について

お粥の基本の分量(2人分)は『米1/2合に対して、水600ml』です。

これでおよそ米:水の割合が1:7になるのですが、これで通常の硬さのお粥になります。※もう少しやわらかめのお粥にしたいときは米:水の割合が1:10まで増やすことができるので、米1/2合(90ml)に対して水900mlまで好みで増やしてもOKです。

基本のおかゆの作り方

米1/2合を量ったら、ボウルに移して研ぎます。水を一度入れたあとさっと水を切り、米が少ないので指で軽くもむようにして(10回ほど)研いだ後に、水を何度か入れ替えてからざる上げします。

水気を切った米を鍋に入れ、分量の水をそそぎ入れます。

鍋を中火にかけます。沸く直前に表面が白く煮立ってくるのですが、それまでは何もしません。

白く煮立ってくれば、しゃもじで鍋底を丁寧に混ぜて、鍋にくっついた米をはがしつつやさしく混ぜ合わせます

しっかり鍋の中が沸いたらすぐ弱火にします。最後に一度だけ鍋底を混ぜ、箸を1本はさむくらい隙間をあけて蓋をします

おかゆの完成までずっと弱火のまま、混ぜることなく30~40分を目安に火にかけます。時間がきたら蓋を取って、かたさを確認してみます。

※2口のコンロ、3口のコンロ、それぞれに火力の大きさが違う場合がほとんどです(壁側が火力が弱いことが多いと思います)。いちばん弱い火力の火口でじっくり火にかけるとよいです。

好みのかたさになっていれば火を止め、塩ふたつまみを加えて、やさしく混ぜ合わせて完成です。

火にかける時間が短いおかゆのレシピ

*おかゆは体調を崩している人に作ってあげることも多いので、「起きたらできたてを作ってあげたい」ということも多いと思います。そんなときは少しでも出来上がる時間が短くなった方がすぐに食べられるので、上記の作り方よりも10分くらい短くできる作り方を紹介したいと思います*

上のレシピは炊く時間が30~40分ですが、下記レシピなら20~30分で出来上がります。そのために必要なことは米を研いだあとに水に浸けて浸水させておくこと

夏場は30分、冬場は1時間ほど水に浸けておけば米全体が白くなって白濁します。そうなったらざる上げして、炊く準備の完了です(ざる上げした状態でラップして冷蔵庫に入れておけばいつでも炊けます)。レシピは米1/2合に対して水600mlと上記と同じです。

水600mlを鍋に入れて、はじめに沸騰させます。沸騰したら浸水させた米を入れて、再沸騰するまでしゃもじなどで混ぜます。

炊く時間は弱火にして20~30分でOKです。5分おきくらいに1回しゃもじなどで底を混ぜてあげます(この作り方では特に蓋は必要ありません)。

水気が飛んでとろみがついてきたら、味見をして好みのかたさが確認します。かたさがOKなら塩ふたつまみを加えてひと混ぜして完成です。

※事前に浸水させてあるので、炊く時間を短縮できます。通常のおかゆとの違いは、米自体に火が通りやすい状態から炊くので「仕上がりの米粒が大きめになる、おねばが少し少なくて、食べ比べるとちょっとあっさりめ」となります。

【補足】

  • 土鍋か片手鍋かなどで同じ時間でも仕上がりが少し変わってきます。味を見ながら炊く時間を決めてみてください。
  • ただ、水をあとから足してかたさ調整するよりは、あらかじめ作りたいかたさの水分量をある程度決めてから作る、ほうが美味しいおかゆになると思います。
  • レシピ更新情報:割合そのままにレシピの総量を変更しました。また短時間で炊けるおかゆを追記しました(2017.2)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ