白ごはん.com

MENU

ちりめん山椒(山椒ちりめん)のレシピ/作り方

ちりめん山椒(山椒ちりめん)の写真

調理時間:20分以下

ちりめん山椒(山椒ちりめんと呼ぶところも)は、京都のお土産などでよく売られています。その実山椒のピリッとした辛味と、見た目の淡い印象よりしっかりとした味付け。それがご飯になんとも合いそうで、少し高いけど買っちゃうんですよね。

6~7月に出回る旬の実山椒で彩りよく仕上げても、瓶詰などで手軽に作っても。作り方も実は簡単なのでやりやすいほうでお試しください!

このレシピのキーワード
じゃこ
市販品を自家製で
朝ごはん

ちりめん山椒(山椒ちりめん)の材料(作りやすい分量)

  • ちりめんじゃこ … 70g
  • 実山椒(下処理済のもの) … 大さじ3程度

※じゃこに対して1/4~1/5ほどあればOKです

  • 酒 … 100ml
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1

スポンサーリンク

ちりめん山椒(山椒ちりめん)の作り方

ちりめん山椒を作るときの材料の選び方など

・実山椒 … 実山椒は初夏に出回る旬のものを使うと彩りと風味の良いちりめん山椒が出来上がります。年中瓶詰のものも出回っているので、塩漬けや味付けのものを使って手軽に作るのもおすすめです。

・ちりめんじゃこ … 炊く途中に煮崩れる心配のある、柔らかい食感の“しらす”ではなく、もう少し乾燥させた“ちりめんじゃこ”がよいです。

※生の実山椒を使う場合は、一度ゆでて水にさらす必要があります。さらす時間で辛味の調整をします(※詳細はこちらのページから
※塩漬けの実山椒を使う場合は、水にさらして塩抜きしてから使いましょう!

ちりめん山椒の作り方

ちりめん山椒にはたっぷりの酒を使います。鍋にAの調味料すべてを合わせて火にかけます。沸いてきたら少し火を弱めてちりめんじゃこを加えて、1~2分ほど鍋肌にじゃこがこびりつかないように気をつけながら炊きます。

※Aの醤油は薄口醤油でも濃口醤油でも好みのものを使ってください。ちなみに上の写真は薄口醤油。色が淡く仕上がります。濃口醤油は色はつきますが、しっかりとした味になります!

次に下処理をした実山椒を加えます。実山椒を加えたら火加減を弱火に変え、4~5分くらい炊きます。鍋底にほとんど汁気がなくなったら完成です。

※塩抜きした実山椒、味付けの実山椒を使い場合は、Aの醤油を大さじ1に減らして作ってみてください!

ちりめん山椒の保存

ちりめん山椒は、冷めたら保存容器にいれ、冷蔵保存します(冷蔵で1週間ほどは日持ちします)。それ以上日持ちさせたい場合は冷凍するとよいです。

【補足】

  • 生の実山椒をゆでて水にさらす時間は、3~4時間くらいがよいと思います。

スポンサーリンク

こちらのレシピもおすすめ!

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ

スポンサーリンク

人気のキーワード

ページの先頭へ