おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

野菜あんかけ丼のレシピ/作り方

野菜あんかけ丼の写真

調理時間:20分以下

上の写真では丼ものだけどご飯があまり見えなくなっちゃいましたが…、そのくらい野菜もあんもたっぷりにする!のが、美味しい野菜あんかけ丼を作るポイントでもあります。

あんかけのベースはこのままに、季節の野菜や冷蔵庫にある野菜でもOKなので、ぜひ応用してみてください!※野菜に加え、少しの油揚げとかまぼこを合わせると食べ応えアップしてくれます。

このレシピのキーワード
野菜たっぷり
きのこ
小松菜
にんじん
れんこん
油揚げ

印刷する

野菜あんかけ丼の材料(2人分/小盛りなら3人分)

  • ごはん … 丼ぶり2杯分
  • 小松菜 … 1/4~1/5束ほど
  • にんじん … 1/5本
  • れんこん … 50g
  • 椎茸 … 2枚
  • えのき茸 … 50g
  • 油揚げ … 1枚(7㎝四方のものを使用)
  • かまぼこ … 3~4㎝分
  • だし汁 … 300ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2
  • 塩 … ひとつまみ
  • 片栗粉 … 小さじ4
  • 水 … 大さじ2

スポンサーリンク

野菜あんかけ丼の作り方

野菜あんかけ丼の下ごしらえ

野菜は用意できるものでOKですが、このレシピでは小松菜、椎茸、えのき、にんじん、れんこんを使います。

野菜メインではあるものの、そこに油揚げとかまぼこなどが入ると、食べ応えもアップできるのでおすすめです。

まず、にんじんは3~4㎝長さのせん切りに、れんこんは5~6㎜幅のいちょう切りにして、切ったれんこんは水にさらします。

椎茸は軸を切り落として5~6㎜幅に切り、えのき茸は石づきを切り落として長さを半分にします。

小松菜は3㎝幅に切り、油揚げは細めの短冊に、かまぼこは4~5㎜幅に切ります。

また、あんかけのベースとなるAのだし汁と調味料は、火にかける前に合わせてOKなので、鍋に合わせておきます。

※Bの水溶き片栗粉も鍋を火にかける前に合わせておくとスムーズです。

野菜あんかけ丼のレシピ/作り方

鍋ににんじんと水気を切ったれんこんを入れて中火にかけます。沸いたら火を弱め、まず2つの野菜にほぼ火を通します(この後の工程でも2~3分火にかけるので、少しだけ硬めくらいでもOK)。

にんじんとれんこんにほぼ火が通れば、少し火を強め、小松菜以外の具材を入れます。

鍋の中が再沸騰すれば、小松菜を入れてさっと火を通します。小松菜に火が通ればとろみ付けですが、その前に合わせておいたBの水溶き片栗粉を底から再度よく混ぜます。

Bを入れながらお玉で鍋全体を混ぜ、ダマのないようにとろみをつけます。とろみがついたら30秒くらいしっかり沸騰させます。

丼ぶりにごはんをよそい、あんと具材をたっぷりかけて完成です。

【補足】

  • 野菜は白菜、キャベツ、アスパラ、絹さややいんげん、玉ねぎやその他きのこ類などを合わせても美味しいです。
  • 仕上げにおろし生姜をのせたり、とろみをつける前に生姜のしぼり汁を少量加えたり、生姜の風味をプラスするのも美味しいです。
  • だし汁は、かつおと昆布のだし水出し煮干しだし熱湯をそそぐだけの時短だしなど、白ごはん.comのだしレシピも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ