おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

焼き味噌(焼きみそ)のレシピ/作り方

焼き味噌(焼きみそ)の写真

調理時間:20分以下

食欲の落ちる夏にぜひ用意したいご飯のお供、焼き味噌(焼きみそ)のレシピです。

なすとピーマンなどの夏野菜に、生姜や大葉の香りのよい薬味を混ぜ合わせて焼き味噌にするので、ごはんが進むんです! 一つくらい材料を省いてもよいので、作り方を参考に、ぜひ家の定番ごはんのお供にしてください。

このレシピのキーワード
みそ
大葉(青じそ)
保存食
ねぎ
夏野菜

印刷する

焼き味噌(焼きみそ)の材料(作りやすい分量)

  • 味噌 … 120~150g
    ※今回は米味噌150gで作りました。
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1/2本
  • 生姜 … 2かけ(約20g)
  • ピーマン … 2個
  • 大葉 … 10枚
  • ごま油 … 大さじ1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2

スポンサーリンク

焼き味噌(焼きみそ)の作り方

焼き味噌の材料の準備

長ねぎ、生姜、ピーマン、大葉はすべて細かく刻みます。 特に生姜と長ねぎは大きいと口に残りやすく、刺激も強いのでできるだけ細かくしてください。

焼き味噌の作り方(まずは野菜を炒める)

鍋に分量のごま油を入れ、はじめに長ねぎ、生姜、ピーマンを炒めます。 野菜から香りが出てきて、ピーマンに火が通った頃合いを見て、大葉を加え、一度さっと混ぜ合わせます。

焼き味噌の作り方(味噌が焦げないように仕上げる)

大葉を加えてすぐに、味噌とみりんを加え、全体をしっかりと混ぜ合わせます。 味噌を加えてからは、弱火にして、焦げないように鍋底を時折しゃもじでゆっくりかき混ぜながら、 5~10分ほど煮詰めて完成です。粗熱をとって冷蔵庫で保存して、ごはんと一緒に食べてください!

※みりんの水分と野菜から出た水分を飛ばすくらいまで煮詰めれば完璧ですが、焦げないように注意が必要です。

【補足】

  • 鍋の中で作った後に“しゃもじに焼き味噌をのせて、火で直接あぶってから食べる”“アルミホイルの上に広げてトースターで焼く”という方法もありますので、さらに香ばしく焼き目をつけても。お好みでお試しください。
  • 冷蔵庫で保存し、2週間ほど保存できます。ご飯のお供だけではなく、そのままちびちび酒の肴として食べても、とても美味しいです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ