おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

冬瓜と豚バラの炒め物のレシピ/作り方

冬瓜と豚バラの炒め物の写真

調理時間:20分以下

煮物でよく見かける冬瓜(とうがん)は、料理するのが難しいイメージがありますが、実は炒め物にしても美味しいです。

冬瓜自体が淡白な味わいなので、豚バラ肉など食べ応えのある食材と組み合わせるといいと思います。

印刷する

冬瓜と豚肉の炒め物の材料(2人分)

  • 冬瓜 … 300g
  • 豚ばら肉(薄切り) … 100g
  • にんじん … 1/4本
  • 生姜 … ひとかけ(約10g)
  • 粗びき黒こしょう … 少々
  • サラダ油 … 小さじ1
  • しょうゆ(あれば薄口) … 小さじ1
  • 酒 … 小さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1/2
  • 塩 … 1~2つまみ

スポンサーリンク

冬瓜と豚肉の炒め物の作り方

冬瓜の切り方/下ごしらえ

冒頭にも書きましたが、淡白な冬瓜を美味しく炒め物で食べるときは「豚バラ肉などの脂っけのあるものと合わせる」「生姜などの風味をプラスして仕上げる」といったことがポイントとなります。

今回は冬瓜と豚バラ肉、にんじんと生姜を合わせます。豚肉は1㎝幅に切って、両面に塩こしょう少々で下味をつけ、にんじんと生姜はせん切りにしておきます。

冬瓜は食べやすい幅に縦に切り、皮をむいてから、種とワタを包丁で切り落とします。

それから冬瓜は少し食べ応えが出るように、1㎝弱ほどの幅(8~9㎜)に端から切ります。

※冬瓜はあまり薄く切りすぎると、火は早く通るものの、火の通ったあとが柔らかくなりすぎて、炒め物として食べ応えがなくなるので、注意が必要です。

冬瓜と豚バラ炒めのレシピ/作り方

炒める順番は「生姜・にんじん・豚肉(A)」→「冬瓜(B)」となります。
※少し厚めの冬瓜はじっくり炒める必要があるのですが、先に冬瓜を炒めてしまっては味が淡泊になりすぎます。なので、先にAを炒めて一度取り出し、次にBの冬瓜を炒めてAの風味やうまみをまとわせるとよいです。

まず、フライパンにサラダ油小さじ1/2を中火で熱し、生姜とにんじんを炒めます。にんじんに火が通れば豚肉を入れ、箸でほぐしながら炒め、火が通れば一度取り出します。

フライパンは洗わずに、サラダ油小さじ1/2を足し入れ、そのまま冬瓜を重ならないように広げ入れて、弱火でじっくり炒めます。片面2分ずつくらいは炒めて冬瓜に火を通します

※冬瓜の火通りがわかりづらければ、一つ食べてみるとよいです。皮側のほうが火が通りにくいのでそこに注意し、全体に火が通っていればOKです。

炒めたAを戻し入れて中火にし、続けて調味料をすべて加えます(塩ははじめはひとつまみにしておき、最後に味見をして味が薄ければ足すとよいです)。

フライパンをふりながら、調味料を軽く煮詰め、全体にからませれば完成です。器に盛ってから、粗びき黒こしょうをふりかけます。

【補足】

  • 冬瓜を炒めるときに「冬瓜同士が重ならないこと」が大切です。炒め始めたら、あせらずじっくり冬瓜に火を通してから、次に工程に入るようにしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ