おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

さんまと薬味野菜の混ぜご飯のレシピ/作り方

さんまと薬味野菜の混ぜご飯の写真

調理時間:10分以下※焼いたさんまがある状態で

『だしを用意して、さんまと一緒に炊き込みご飯にする』というさんまの炊き込みご飯よりも、簡単で美味しいさんまご飯のレシピです!

さんまを塩焼きにして、薬味と一緒に白ごはんと混ぜ込むだけ。味付けも醤油のみ、薬味は2~3種類あれば最高です。

このレシピのキーワード
さんま
ねぎ
生姜
秋の味覚

印刷する

さんまの混ぜご飯の材料(2合分)

  • 白ごはん … 2合分
  • さんまの塩焼き … 1~2匹分
  • 醤油(あれば薄口) … 小さじ2
  • ねぎ … 1~2本分
  • 生姜のせん切り … ひとかけ分

※ねぎと生姜の分量は味を見ながらお好みで

スポンサーリンク

さんまと薬味野菜のシンプル混ぜご飯の作り方

さんまご飯のさんまのほぐし身と薬味野菜の用意

まずはさんまを塩焼きにします。さんまの分量は、ごはん2合に対して1~2匹。 2匹分だと少し多く感じるかもしれませんが、薬味が入るので大丈夫。決してくどくはなりません。 ごはんを献立の主役にするなら2匹分入れるとよいですが、ここは用意できる分量でOKです。

さんまは塩焼きで食べるときと同じように、塩をさんまの身の両面に満遍なく振ってから焼いてください。さんまが焼けたら、身の真ん中に横に箸を入れ、上に下にと身をはがし、骨を入れないようにほぐし身にしてあげます。

ご飯と一緒にまぜる薬味は2~3種類ほど準備しておきます。 ひとつは刻みねぎ。これは細い薬味ねぎなら刻んでそのまま、太めの青ねぎなら水の中でもみ洗いして使うとよいです→「刻みねぎの切り方」。 もうひとつは生姜のせん切り。できるだけ細く細く切って、一度さっと水にさらした後、ぎゅっとしぼって水気を切っておきます。この2種以外には、みょうがなどを合わせても美味しいです。

※ごはんもさんまも炊きたて、焼き立てで混ぜるのが一番おいしいですが、さんまの塩焼きが残った翌日の活用レシピでも十分おいしいです!その場合は、さんまの身をほぐした後、レンジで軽く温めてから②の混ぜる行程に入ってください。

さんまご飯の仕上げ

①でさんまの塩焼きのほぐし身、刻みねぎ、生姜のせん切りが用意できたら、あとは炊けたご飯と混ぜ込むだけです。 ご飯に①で用意したさんまのほぐし身、薬味野菜を加え、醤油(あれば薄口醤油)を小さじ2加えて全体を混ぜ合わせて完成です。
※ここでの醤油の分量は、さんまのほぐし身の分量や、その塩加減で大きく変わってきますので、目安と考えて小さじ1くらいから味を見ながら調整してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ