おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

絶品!納豆パスタのレシピ/作り方

納豆パスタの写真

調理時間:20分以下

和風パスタといえば「納豆パスタ」というくらい知名度のあるパスタかもしれません。けれど実際に家で作る人は少ないのではないでしょうか。

一度このレシピで作れば、間違いなくリピートしたくなるはず!! 作り方のポイントは「卵黄」と「薬味」です。

納豆を引き立てる具材があってはじめて納豆パスタは完成するのだと言っていいくらいだと思っています。

このレシピのキーワード
ねばねば
納豆
大葉(青じそ)
じゃこ

印刷する

納豆パスタの材料(2人分)

  • スパゲッティ … 2人前で160~200g程度
  • 納豆 … 2パック
  • 卵の黄身 … 2個
  • 大葉 … 4~5枚
  • 刻みねぎ … 少々
  • 切りのり … 少々
  • じゃこ … 少々(好みで)
  • オリーブオイル … 一人あたり小さじ1~2程度
  • 濃口醤油 … 一人あたり大さじ1/2程度

※隠し味程度に“おろしにんにく”を少しだけ醤油に混ぜるのもおすすめです!

スポンサーリンク

絶品!納豆パスタの作り方

パスタのゆで方・冷やし方

美味しいパスタ料理を作るにはゆで湯に入れる塩の分量が大切です!「パスタのゆで方」にて詳しく紹介しています。 2人前のパスタをゆでるなら、お湯2Lはできればほしいところ。塩は大さじ1と1/4(約20g)加えます。 パスタは水でしめると硬くなるので、冷たくして食べる場合はしっかり芯までゆでたほうがよいです。それからざる上げして、冷水で冷やして水気を切っておきます。

納豆パスタの作り方/レシピ

パスタをゆでている間に具材や薬味を用意しておきます。おすすめは「納豆、ねぎ、大葉、卵黄、じゃこ、切りのり」など薬味をたっぷり加える作り方。

納豆はたれを入れない状態で箸で混ぜて粘りを出しておきます。また、納豆についている添付のたれを使うとすこしくどくなってしまうので、濃口醤油だけを使った方がおすすめです(その濃口醤油にほんの少し「おろしにんにく」を加えるとぐっと食欲をそそる味になるので、お好みで用意してください。

※じゃこは硬めの「ちりめんじゃこ」でも柔らかめの「釜揚げしらす」でも用意できるものでOKです。また、それぞれの薬味は下の欄にポイントをまとめていますので、そちらも見てみてください

しっかり冷やしてから水気をきったパスタを器に盛りつけ、オリーブオイルを回しかけます。卵黄を中央におくことを考えて、納豆やじゃこを器に盛り、中央に卵黄をそっと置きます。

あとはねぎを散らし、大葉の千切りをそえ、食べる直前に切りのりを盛って完成です。食べる時は醤油(好みでにんにく入り醤油)を回しかけ、全体をよく混ぜ合わせてからいただきましょう!

納豆パスタの薬味の補足

大葉の千切りのポイント … 細く切ってから、一度水にはなしてあく抜きし、しっかり水気をきるとよいです。
薬味ねぎのポイント … 薬味ねぎなら切ってそのまま使い、辛みの強いねぎは水の中でもみ洗いするとよいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ