おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

和風パスタの味づくり・組み合わせ

和風パスタの味づくりの写真

調理時間:10分以下

醤油、じゃこ、梅、海苔、ごま、鰹節など、ごはんに合うものはパスタとも相性が良いものが多いです。

白ごはん.comではいくつかの和風パスタのレシピを紹介していますが、簡単にその味づくりについて紹介したいと思います。

印刷する

和風パスタの味づくりの材料(分量不問)

  • 下のレシピを参照してください

スポンサーリンク

和風パスタの味づくり・組み合わせの作り方

和風パスタの考え方

パスタの原料は小麦粉だけ。うどんと同じようにシンプルな麺なので、白ごはんと同じように、色々な調味料や食材とも合わせやすいのが特徴とも言えると思います。

個人的に麺類の中では“パスタ”と“うどん”が家で作りやすいやすいので、よく作るレシピを白ごはん.comで紹介しようと思いました。ここで紹介する和風パスタの考え方は…、

・家にある調味料、普段よく使う食材を使って、和風パスタを作るということ
・味付けの考え方は … ごはんにも合うような味付けで、醤油や鰹節、梅や昆布などを使って、オリーブオイルを加えて作る。
・組み合わせの考え方 … 毎日のお味噌汁のように、季節の野菜を1~3品くらい使って、野菜中心で作る。

和風パスタに欠かせない調味料や具材

醤油 … これはオリーブオイルととても相性がよいので、温冷問わず和パスタの味付けには欠かせないです。冷たい和パスタだとポン酢醤油も使いやすいです。
ねぎ、大葉、海苔、ごまなど和の薬味 … 仕上がりの風味や食感をアップさせてくれる和の薬味類も、和風パスタではよいアクセントを作ってくれます。
かつお節 … 旨みのかたまりであるかつお節も、味を支える食材として便利です。かつお節以外では塩昆布なども。
じゃこや桜えび … これらも旨みのかたまりですが、どちらかというと野菜と一緒にメインの素材となってくれます。
大根おろし … 冷製の和風パスタには共に欠かせない存在です。柑橘系やポン酢などの酸味をきかせるとさらに爽やかな仕上がりになってくれます。

和風パスタを作ってくれる基本食材

オリーブオイル … 好みのものでOKですが、醤油との相性的にはオリーブの風味が柔らかくて、青くさくないものがいいと思います。
にんにく … ペペロンチーノなどにんにく風味があってこその和パスタも。それ以外でも食欲そそる力強い味わいをプラスしてくれるので、時おりおろしにんにくにして使ったりもします。
 … 塩が適度に入ったゆで湯でソースをのばすなど、パスタをゆでるときの塩加減も大切です→パスタのゆで方で詳しく

パスタに入れるにんにくの切り方や火の入れ方

にんにくの風味を油に移して、それをベースに野菜を炒めパスタと合わせる、というのはよくあることです。 その味のベースとなるにんにくオイルの作り方も、ポイントがあるので合わせて紹介しておきます。

フライパンにオリーブオイルを入れて、火をかける前ににんにくを入れます(にんにくを焦がさないため)。 そしてフライパンを傾けてオリーブオイルを片側に寄せてじっくりにんにくに火を通します。

時間としてはにんにくの切り方にもよりますが、3~4分は加熱したいところ。にんにくがきつね色になってきたら完成で、次のステップに移ります。 にんにくオイルは、じっくり時間をかけて焦らずやることが大切です!

にんにくの切り方も、好みで使い分けるとよいです。
・しっかり全体的ににんにくをきかせたいときは「みじん切り」。→「新ごぼうのペペロンチーノ
・風味はつけたいが控えめにしたいときは「大きいものをつぶしてじっくり炒めた後に取り出しておく」。→「和風きのこパスタ
・にんにくの存在感を見た目にも出していきたいときは「薄切り」。→「しし唐とねぎのペペロンチーノ」、などといったように。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ