おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

小松菜の煮浸し(煮びたし)のレシピ/作り方

小松菜の煮びたしの写真

調理時間:10分以下

副菜の中でも、非常にシンプルな「ひたす」調理法のレシピ。その中でも「煮びたし」は短時間でできるおかずです。

だしと調味料の割合も覚えやすいので、ぜひ普段の食卓に取り入れてほしいと思います。煮びたしの中でもよく使われる「小松菜」を使って、浸し地の割合など、基本的な作り方を紹介します。

このレシピのキーワード
小松菜
煮びたし
厚揚げ

印刷する

小松菜の煮浸し(煮びたし)の材料(2~3人分)

  • 小松菜 … 1束
  • 厚揚げ … 100g
  • だし汁 … 200ml
  • 薄口醤油 … 小さじ5(25ml)
  • みりん … 小さじ5(25ml)

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

小松菜の煮浸し(煮びたし)の作り方

煮びたしの味付け

煮浸しに使うおひたしの汁は、かつおだし:醤油:みりんで8:1:1の割合で作ります。ひとつずつ説明すると、
かつおだし … これは「かつおと昆布」で取った一般的なだしを使います。→ かつおと昆布のだしの取り方のページへ
薄口醤油 … おひたしには葉もの野菜が多いので、仕上がりをきれいに見せるために薄口醤油がおすすめです。
みりん … 砂糖のただ単に甘いあまみよりも、みりんのコクのある甘みの方が素材の味を損ないません。
※8:1:1の割合なので、使い慣れたお玉などで、だし8杯、薄口醤油1杯、みりん1杯とおおよその割合で計量してもよいですし、 きっちり計量カップなどで量ってもOKです。

小松菜の下処理とひたし地の準備

小松菜は洗ってから3~4㎝幅に切り、茎と葉におおよそ分けておきます(後で煮るときに分けて入れるため)。厚揚げは大きめのひと口大に切ります。鍋にAを合わせて火にかけ、沸いたら材料を入れて火を通せば完成というわけです。

煮びたしの仕上げ

鍋に合わせた煮浸しの地が沸いたら、まず厚揚げを入れ、少したったら小松菜の茎を入れます。 小松菜の茎を入れてから1分くらい煮た後に、小松菜の葉を入れ、少し箸で煮汁につかるように押さえて、 葉がしんなりすれば「小松菜の煮浸し」の完成です。盛り付けるときにはたっぷり煮汁をかけていただきます。

【補足】

  • 煮浸しは熱々で食べるのが美味しいので、材料だけ用意しておき、できるだけ食べる直前に調理するとよいと思います。
  • 煮浸しの地に使うだしは、かつおだしが一番よいですが、水出し煮干しだしでもさほど臭みがなく、美味しく食べることができます。
    ※水出し煮干しだしは、火にかける必要がないので、とても簡単に作れます!→ 水出し煮干しだしの作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ