おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

生麩田楽のレシピ/作り方

生麩田楽の写真

調理時間:20分以下

生麩の美味しい食べ方の紹介です。生麩は冷凍できるので、買って冷凍しておくのがおすすめ。

解凍してからさっと揚げるか、フライパンで焼いて、田楽みそをかければ完成です。

このレシピのキーワード
みそ

印刷する

生麩田楽の材料(作りやすい分量)

  • 生麩(よもぎ麩や粟麩) … 適量
  • サラダ油 … 適量
  • 赤みそ … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ2と1/2
  • 酒 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1/2

スポンサーリンク

生麩田楽の作り方

生麩を用意し切り分ける

生麩とは小麦粉のグルテンにもち米の粉を混ぜて、それを練って生地にして、最後にゆでて作るもの。 その生地の中に、よもぎのペーストを練り込んだり、炊いた粟を練り込んだりして特徴を付けています。

今回はその生麩を使って、田楽みそを合わせ、気の利いた一品を作りたいと思います。生麩は冷凍できるのもいいところ。田楽みそさえ作れば、 作りたいときにこの「生麩田楽」は作ることができます。今回は私の好きな「粟麩」と「よもぎ麩」を使用。まず、大きめのひとくち大ほどに切り分けます。

田楽みその作り方

生麩を揚げる前に、みそだれを作ります。鍋にAを混ぜ合わせ、少し弱めの中火にかけます。沸いたらヘラで鍋底を混ぜながら2~3分ほど煮詰めます。

ここでの注意点は鍋底が焦げないような火加減と、仕上がりのどろっとしたとろみ加減。みそだれを持ち上げてボタッと落ちるくらいのとろみに仕上げます。
※みそは赤みそがおすすめですが、米みそでも同じように美味しく作ることができます。

生麩を揚げて味噌をかける

あとは簡単。粉もなにも付けずに、170~180℃に熱した油の中できつね色になるまで揚げて、できるだけ揚げたてに、田楽みそをかけてからいただきます。

※揚げるのも手間なので、もし急いでいる場合は、フライパンに多めの油を入れて、生麩を揚げ焼きしてください!

【補足】

  • 田楽みそはまとめて作ることもできます。卵黄入りの本格的な味噌だれのレシピ、こちらも参考にしてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ