おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

みょうがの炊き込みご飯のレシピ/作り方

みょうがの炊き込みご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除きます

みょうがを千切りにして、油揚げと一緒にかつおだしを使い、炊き込みご飯に仕立てます。

「どんな味??」と思われるでしょうが、みょうが独特のさわやかな風味がほのかに香る、おいしい炊き込みご飯になります! 百聞は一食にしかず。夏・秋の旬の時期にぜひ作ってみてください。

このレシピのキーワード
みょうが
油あげ
夏野菜
薬味

印刷する

みょうがの炊き込みご飯の材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • みょうが … 3個
  • 油あげ … 1/2枚
  • だし汁 … 約350ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2と1/2
  • みりん … 大さじ2と1/2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

みょうがの炊き込みご飯の作り方

みょうがと油揚げの下処理

みょうがご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。※浸水時間は30分~1時間ほど。浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しいみょうがご飯になります!

また、みょうがは縦半分に切ってから、繊維にそって縦にせん切りにします。薬味で生で食べるわけではないので少しくらい太めでもOKです。また、油あげは5㎜四方ほどの粗みじん切りにします。

※浸水なしで研いだ米をざる上げして、そこにAを加えて炊くこともできます。炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。

※油あげの油抜きはお好みで。上品な仕上がりにしたい場合は、油あげを切る前に熱湯をかけて油抜きするとよいです。

みょうがご飯のだし汁、調味料の合わせ方

米が浸水できたら、炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。炊くときのポイントは『浸水した米を一度ざる上げして、しっかり水気を切ってからAを合わせること』『炊飯器なら目盛を優先して、だし汁を最後に調整すること』『具材をはじめから入れて炊くこと』です!

炊飯器なら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って、炊飯器の内釜に移します。そこに醤油、みりんを先に加え、それからだし汁を2合の目盛を優先に注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせて、炊く準備の完了です。

※米が調味料を吸いやすいので、調味料を入れた後はすぐにだし汁を加えるとよいです(気になる場合は先にだしを少し入れておくとよいと思います)。

※だしは2合に対して350mlが目安の分量ですが、目盛を優先させ、余ったら他の料理に活用してください。

鍋炊きなら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って鍋に移します。そこに、だし汁350ml(鍋炊きの場合のみ全量)、醤油、みりん各大さじ2と1/2を合わせたものを注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせます。

みょうがの炊き込みご飯の炊き方

②で準備のできた釜に具材を上から加え、炊き始めます。炊飯器ならスイッチを入れ、鍋炊きなら鍋炊きの詳細ページも参考に、炊いてください。 炊きあがったら、さっくりと底から混ぜ合わせて完成です。

※みょうが特有の赤い色合いはほぼ飛んでしまいますが、香りや食感がさわやかで、食欲そそる炊き込みご飯となります!

【補足】

  • 3合を炊く場合は「だし約550ml、醤油(あれば薄口)大さじ4、みりん大さじ4」が目安となります。

熱湯をそそぐだけのかつおだしも活用ください!

3分でできる即席かつおだしも紹介しています(レシピにも書いていますが、だしがらは冷凍して4~5回分をまとめて2番だしです!)。「そそぐだけ簡単かつおだし」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ