おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

麦とろ・とろろご飯のレシピ/作り方

麦とろご飯の写真

調理時間:20分以下

山芋をすって、だしと卵と調味料を加える。想像しただけでなんとも優しい味わいのとろろが思い浮かび、今日はとろろがいいな、とおもっちゃいます。

だしの分量は好みで調整し、とろろの柔らかさをお好みで仕上げてみてください。

このレシピのキーワード
山芋

印刷する

麦とろ・とろろご飯の材料(2~3人分)

  • 山芋 … 250g(※詳しくはレシピ参照)
  • 卵 … 1/2個
  • 青のり粉 … 少々
  • だし汁 … 100ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2
  • みりん … 大さじ1

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

麦とろ・とろろご飯の作り方

山芋の下処理

麦とろに使う芋は、水っぽい長芋ではなく、大和芋、つくね芋、いちょう芋、自然薯など、粘りの強い山芋がおすすめです!

山芋はよごれをさっと洗い流し、皮をむきます(する時に手で持つ部分を残して皮をむくと作業がしやすいです)。次に包丁の根元で取りきれなかった黒い箇所があれば取り除き、おろし金ですりおろします(細かめのものがおすすめ)。

麦とろの味付けと仕上げ

すりおとしたとろろは、このまま卵とAの調味料で味をつけてもいいのですが、家にすり鉢があれば、おろし金でおろした後に、さらにすり鉢ですって口当たりをなめらか&ふんわりとさせるのもおすすめです!

すり鉢にとろろを入れ、すりこ木を使って全体をよくすります。続いて溶いた卵を加え(2~3回に分けて入れ、その都度するとよいです)、最後にAを少しずつ加えてよく混ぜ合わせます。

※とろろのかたさはAを加える加減で、好みに調整してみてくださいね。

とろろが出来上がったら、あとは炊けたごはんや麦めしに、冷たいとろろをかけていただきます。青のりを仕上げに少し加えると美味しいです。

【補足】

  • 麦とろにはさっぱりした押し麦入りの麦飯もおすすめです。押し麦があればぜひ使ってみてください。
  • 押し麦を入れるときの水加減は、購入したときの外装の作り方を参照してもらえばよいのですが、 米:押し麦の割合を3:1か4:1くらいにして、炊く時に1割~1.5割ほど水加減を(白ごはんを炊く標準加水より)増やして炊いてください(今回は2合炊いたので、いつもの白ごはんを炊く水加減に、大さじ3杯の水を足して炊きあげました)。

熱湯をそそぐだけのかつおだしも活用ください!

3分でできる即席かつおだしも紹介しています(レシピにも書いていますが、だしがらは冷凍して4~5回分をまとめて2番だしです!)。「そそぐだけ簡単かつおだし」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ