おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

栗ごはん(炊き込みご飯)のレシピ/作り方

栗ご飯の写真

調理時間:20分以下※浸水や炊く時間を除く

秋の味覚“栗ご飯”。鬼皮を剥き、渋皮を剥き、となかなか大変な作業ですが、それでも炊きあがった時には“栗飯っておいしいなぁ”としみじみと感じて、 またまた栗を買ってしまいます(笑)

せっかくなら栗は細かく切らずに、丸のまま炊き込みたいです。それでもしっかり火は通ってくれます。少し詳しく栗ご飯の作り方を紹介します。

このレシピのキーワード
秋の味覚
お弁当

印刷する

栗ご飯の材料(2合分)

  • 米 … 2合
    ※好みで米の2割ほどをもち米で置き換えても(下記参照)
  • 栗(殻付き) … 400~600g
  • 塩(自然塩) … 小さじ1と1/3
  • 酒 … 大さじ1/2(好みで)
  • ※精製塩を使うときは小さじ1ほどにするとよいです。

スポンサーリンク

栗ご飯の作り方

栗ご飯に使う、栗の皮のむき方/下ごしらえ

栗って皮がかたくて剥きづらいからついついゆでて食べてしまう、そんな方も多いと思います。確かにその通り。栗は剥くのがちょっと面倒です。

そんな面倒な栗の皮むきは、『事前に栗を水につけておく』『栗のおしりを落として、鬼皮をむいてから渋皮をむく』とやりやすいです。 詳しくは『栗の皮のむき方』で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 下ごしらえした栗は、特に細かく切る必要もありません。ごろっと大きいまま米と一緒に炊き上げます!

栗ご飯の炊き方/作り方

※栗ご飯の炊き方を紹介する前に、もち米について。もち米は必須ではありませんが、米の1~2割をもち米に置き換えると、米に粘りがでて、もっちりした栗ご飯になってくれます。もち米が家にあればぜひ加えてみてください(もち米を入れる場合でも、米ともち米を合わせていつも通りお米を研ぎ、浸水さればOKです)※

栗ごはんを炊く前に、白ごはんを炊く要領で米を研ぎます。炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。ポイントは『塩を加えたら、やさしく混ぜてしっかり溶かすこと』『栗をはじめから入れて炊き始めること』です!

炊飯器なら … 研いだ米を炊飯器の内釜に移し、2合の目盛まで水を加えます。30分~1時間ほどそのまま浸水させたあとに、分量の塩を加えて軽く混ぜて溶かします。最後に栗を上に広げて炊飯します。

鍋炊きなら … 研いだ米を浸水させ、ざる上げしてから鍋に移します。水(400~450ml)と塩を加えて混ぜ溶かし、栗を上に広げてから鍋炊きします → 鍋炊きの詳細ページも参考に。

栗ごはんが炊き上がれば、酒大さじ1/2ほどを全体にひと振りして蒸らしても、酒のコクと風味がプラスされて味に深みが出ます(これはお好みで)。全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

【補足】

  • 3合を炊く場合は、加える自然塩を小さじ2に増やしてください(栗の量はお好みで)。
  • ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら適宜塩を減らして作ってみてください。
  • 『栗は炊き込む前に沸騰したお湯で1分程度下ゆでしてやると色がよくなる』といくつかの料理本に書いてあったので、下ゆでした栗、してない栗を混ぜて炊いて比較したこともありますが、色に違いなしという結果に!栗の種類や時期にもよるかもしれないのですが、毎年作って気になったことがないので、下ゆでせずにそのまま炊き込むレシピにしています(ここはお好みで)
  • よく聞く“ミョウバン”などは下ゆで・アク抜き時には特に必要ないのでは?と思い使用していません。

栗はシンプルにゆでておやつにしても!

子どもの3時のおやつに、シンプルなゆで栗なんかもたまにはいいものです。「栗のゆで方」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ