おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ごはんがすすむ!絹さやの卵とじのレシピ/作り方

絹さやの卵とじの写真

調理時間:10分以下

絹さやの卵とじは、卵も野菜もたっぷりとれる、包丁いらずなおかずです。

ぜひ絹さやが旬の時期に、絹さやをたっぷりと使って作ってみてください。

このレシピのキーワード
絹さや
春野菜

印刷する

絹さやの卵とじの材料(2~3人分)

  • 絹さや … 50~75g(※)
  • 卵 … 4個
  • だし汁 … 50ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1/2

※絹さやは中サイズで30~40枚が目安になります。

スポンサーリンク

絹さやの卵とじの作り方

絹さやの卵とじの下ごしらえ

絹さやは30~40枚ほどに卵4個を合わせます(Aの調味料に対する卵の分量は固定のほうがいいですが、絹さやの分量は多少前後してもOKです)。

まず、絹さやはヘタと筋を除き、卵はボウルに割り入れて溶きます。また、鍋にAをはじめにすべて合わせておきます。

※絹さやの下ごしらえは「絹さやの筋取りとゆで方にまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

絹さやの卵とじのレシピ/作り方

鍋を中火にかけ、沸いたら絹さやを入れます。箸で広げて、全体が煮汁に浸かるようにします。

ここでしっかり絹さやに火を通したいので、火を一度弱め、鍋に蓋をして1分~1分半ほど蒸らし煮します。

一つ大きめの絹さやを食べてみて、しっかり火が通っていれば、卵をまわし入れます。

卵が鍋肌から半熟状態に固まってくるので、そうなった部分を中央に寄せ、また固まったものを中央に寄せ、とやって、全体がゆるい半熟状態になれば、火を止めて蓋をして4分ほど蒸らします

卵の白身が透明ではなく、白く変わっているくらいは火を通したほうがいいので、4分後に開けてみて確認します(※固めが好みなら、蓋をする前の火入れの時間や蒸らす時間を適宜延ばすとよいです)。

卵の火通りを確認したら、煮汁ごと器に盛り付けて完成です。

【補足】

  • 卵をまわし入れると、絹さやには火が通りにくくなるので、はじめにしっかり絹さやに火を通すことが大切です(しっかり火を通すことで絹さやの甘みが引き立ちますし、そうしないと青臭さが残ります)。
  • ごはんと一緒に食べたくなるくらいの味付けにしているので、薄味が好みの場合は醤油を大さじ1くらいに減らして作ってみてください。
  • 絹さやは丸ごとのほうが食べ応えや存在感が出てくれますが、子供が食べる場合ははじめから食べやすく切って卵とじにしてもいいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ