おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

五目きんぴらのレシピ/作り方

五目きんぴらの写真

調理時間:20分以下

きんぴらは万能な副菜。今回はたくさんの具材を組み合わせた五目きんぴらを作ります。

ごぼう、にんじん、こんにゃく、れんこん、牛肉、豚肉などなど、冷蔵庫にあるものを組み合わせてぜひお試しください!

このレシピのキーワード
ささがきごぼう
にんじん
こんにゃく
牛肉
絹さや
ごぼう
常備菜

印刷する

五目きんぴらの材料(2~3人分)

  • 牛こま切れ肉 … 70g
  • ごぼう … 細1/2本(約50g)
  • にんじん … 1/3本(約50g)
  • 糸こんにゃく … 1/2袋(約80g)
  • 絹さや … 7~8枚
  • サラダ油(またはごま油) … 小さじ1
  • 濃口醤油 … 大さじ2と1/2
  • 砂糖 … 小さじ5
  • 酒 … 大さじ1弱

スポンサーリンク

五目きんぴらの作り方

五目きんぴらの下ごしらえ

ごぼうはささがきに、にんじんは4~5㎝長さのせん切り、こんにゃくは5~6㎝幅に切ります。牛肉には大きければ食べやすい幅に切ります。

絹さやははじめに斜め薄切りにして、炒めつつ火を通してもいいのですが、今回は色よく仕上げたいので先にゆでておき、仕上げに加えます。筋を取り除いてからさっと塩ゆでして、冷水にとってから冷めたら水気を切り、斜め薄切りにしておきましょう。

※調味料は炒める時にさっと加えられるように、炒め始める前にAを合わせてしっかり砂糖を溶かしておくとよいです。

※牛肉の代わりに豚肉でも、こんにゃくがなければれんこんなどの野菜を足し入れても美味しいです。

五目きんぴらの作り方

フライパンにサラダ油(好みでごま油でも)を加えて中火で熱し、、ごぼう、にんじん、こんにゃくを先に炒めます。 野菜に透明感が出てきて、7割ほど火が通ったら、次に牛肉を加えてほぐしながら炒め合わせます。

牛肉にほぼ火が通ったら、Aを加えて中火のまま炒め続けます。汁気が少なくなったら、火を弱めて、好みの煮詰め加減まで汁気を飛ばします。味を見てよければ、最後にゆでた絹さやを加えて完成です。

【補足】

  • 好みで輪切り唐辛子を加えて、ピリリと仕上げても美味しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ