おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

いか飯のレシピ/作り方

いか飯の写真

調理時間:60分以下

安い小ぶりないかを見つけたときには、“いか飯”が頭をよぎります。

もち米をつめて、爪楊枝でとめて、なかなか小技がきいていて、出来た時にうれしくなってしまいます。

彩りもよくなり、味わいもアップするので、人参と干し椎茸をもち米に混ぜ込む作り方です!

このレシピのキーワード
いか
もち米
こだわりの料理

印刷する

いか飯の材料(4~6人分)

  • いか … 15~20㎝度のもの12ハイ
  • もち米 … 1と1/2カップ
  • 人参 … 1/3本
  • 干し椎茸 … 2枚
  • 醤油 … 大さじ10
  • 砂糖 … 大さじ7
  • 酒 … 大さじ3と1/2
  • みりん … 大さじ3と1/2

スポンサーリンク

いか飯の作り方

中に詰める具を用意する

もち米はさっと研いでから一晩浸水させ、また、干し椎茸はひたひたの水につけてもどしておきます。 戻した干し椎茸と人参は、米より少し大きいくらいのサイコロ状に切り、水気を切ったもち米と混ぜ合わせます。

※椎茸の戻し汁は、別の料理で使ってください。イカから十分なだしも出るし、ゆで汁を途中で少し減らすので、少しもったいないと思います。

いかに具をつめる

いかは15~20㎝大のものが食べやすくておすすめです(普通のするめいかなどよりかは小ぶりなサイズです)。 胴とワタのつなぎ目を手で切り離し、軟骨も抜き取ります(このレシピでは、いかのゲソはいか飯には使わず、他の料理に使うことにします)

いかに①のもち米をスプーンで6~7割つめます(しっかり空気を抜くようにつめてください)。最後に開いた部分を爪楊枝で止め、切りこみをいれれば、下準備完了です。

ぐつぐつ炊く

鍋に②のいかを入れ、たっぷりの水から15分くらいゆでます。 そうすることで、しっかりもち米に火が通って、いかがだんだん膨れてきてくれます。

いかがしっかり膨れたら、ゆで水をひたひたになるまで減らします。 分量の調味料を入れ、さらにぐつぐつ15分ほど炊きます。最後に少し照りを出すために強火にして、煮汁をスプーンなどですくいかけながら汁を煮詰めて完成です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ