おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

大根やにんじんのせん切り・千六本の切り方

大根やにんじんのせん切りの切り方の写真

調理時間:10分以下

“せん切り”と“千六本”多少の違いはありますが、上の写真の大きさだとどちらの表現でも大丈夫。 サラダや和え物、炒め物など、用途としてはいろいろ使える切り方だと思います。

このレシピのキーワード
にんじん
大根

印刷する

大根やにんじんのせん切りの材料(分量不問)

  • にんじんや大根 … 適量

スポンサーリンク

大根やにんじんのせん切りのやり方

はじめに野菜を薄く縦に切る

まず、はじめにせん切りにしたい“長さ”に野菜の幅を切りそろえます(写真では5cmに切りました)。

次に野菜を縦に置き、繊維にそって野菜を薄く切ります。この時に切る厚みがせん切りの“太さ”(写真では幅1~2㎜)となります。※最後は立てた状態で切ると安定せず危ないので、横に寝かせて、包丁を横にしてへぐように切ります。

※野菜の皮をむくのは一番はじめでも、はじめの長さを決めた後でもどちらでもOKです。

野菜を並べてせん切りにしていく

まな板の上に①で切った野菜を少し重ねながら、右から順にきれいに並べます。このとき注意したいのが“あまり野菜を重ねすぎないこと”。重なりが少ないほど、細かく切りやすく、きれいに仕上げることができます。右端から①で切った厚みと同じ幅に切ればせん切りの完成です。

【補足】

  • “千六本”はおよそ4~5cm幅の2mm角。マッチ棒の大きさくらいの切り方を指すこと多いです。

包丁の基本的なところもぜひ!

包丁の持ち方、動かし方など、基本的なところもぜひご覧ください。「包丁の使い方の基本について」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ