おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

アジのたたきのレシピ/作り方

アジのたたきの写真

調理時間:10分以下

新鮮な刺身用のアジが手に入ったらぜひ作りたいあじの簡単料理です。薬味は好みのもので大丈夫ですが、基本的な生姜、ねぎ、大葉で作ります。

アジの適度な食感を残すのが美味しいので、たたきすぎはNG。レシピ上で気を付けたいところはそのたたき方と刻む薬味の大きさくらい。そのまま食べてもよし、ごはんにのせてたっぷりの醤油をかけて食べてもよしです!

このレシピのキーワード
鯵(あじ)
刺身
お酒のつまみ

印刷する

アジのたたきの材料(2人分)

  • アジの刺身 … 100g
    ※丸ごとなら中サイズ骨付き1尾(200g)ほど
  • 生姜 … 1/2かけ(約5g)
  • 大葉 … 2枚
  • 薬味ねぎなどの細ねぎ … 1~2本
  • 醤油 … 適量(小さじ1/2~1が目安)

スポンサーリンク

アジのたたきの作り方

あじの下ごしらえ

あじは刺身用の新鮮なものを用意します。スーパーや魚屋で刺身になったものを買ってきて「家で薬味と軽くたたくだけ」だと作るのもとても簡単です。
※自分で3枚におろす場合は、3枚におろした後に『血合い骨を取り除き、皮をはぐ』ひと手間をかけることがポイントです。 →血合い骨の抜き方、皮のはぎ方までを紹介した『あじの3枚おろし』のページも参考にしてください。

あじのたたきのレシピ/作り方

美味しいあじのたたきを作るポイントは以下の2つだと思います。
『数種類の薬味を、あじとなじみやすい大きさに刻んでから、いっしょにたたいて味をなじませること』、 『あじの身はたたきすぎずに、ねばりが出すぎないくらいの加減・食感が残るくらいの加減でたたくこと』

まず薬味について。今回は「生姜」「薬味ねぎ」「大葉」の3種類を使います。生姜は皮をむき、細めのせん切りにしたものを横にして、細かく(できれば1~2㎜角くらいに)刻みます。 薬味ねぎは端から細かく刻みます(あじの身とのなじみを考えて、柔らかい薬味ねぎなどの細ねぎがおすすめ)。 大葉は2㎜幅くらいのせん切りにしてからさっと水にさらし、水気をしっかりと切っておきます。

※他の薬味としては「みょうが」「ごま」など。時間のないときは生の生姜をすりおろして使っても。また、生姜やねぎは水にさらさなくてOK。大葉だけは切ったあとに水にさらした方がほぐれやすくなるので水にさらすとよいです。

刺身用のあじは、さくの状態から切るのであれば、まずは6~7㎜幅に切ります。それから包丁の向きを変えるなどして6~7㎜角くらいの大きさになるようにたたきます。 薬味を混ぜ合わせてからはあまりたたかないので、ここで適度な大きさにしておくことが大切です。

※あじの尾の先は筋っぽい食感なので1㎝ほどを除いてからたたくといいと思います。

たたいたあじの身に、3種類の薬味を混ぜ合わせます。はじめは包丁を使って全体を混ぜ合わせ、薬味がある程度混ざったら軽くたたくくらいでOK。 食べる時に醤油を少しかけていただきましょう!

【補足】

  • レモンやすだちなどの柑橘系を合わせてもさわやかな仕上がりとなります。ただ、白ごはんと食べるなら柑橘系はない方が美味しいので、今回は柑橘系なしのレシピで紹介しています。
  • あじのたたきは刺身自体がぬるくなっては、いくら鮮度がよくても美味しくないので、『直前まで刺身と皿をしっかり冷やしておく』『あじをたたくのもできるだけ手早く行う』ことも大切です。
  • 器情報:萌窯さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ